見栄の為に多くの人を傷付けて失った。年齢相応の言葉、場所、環境を求めたけどそんな物が役に立つ事はなかった。この齢になってドトールの一番安いコーヒーだけで延々と映画の話や叶わない夢の話をしてくれる友の大切さを知った。

歯医者に30分早く来てしまった。医療事務に嗤われるわ、医者に説得されるわ。しんど。

何か心の変化が起きた訳ではないのに無性にしんどい。仕事場で泣きそうになる。何もないのに。

奥歯の痛みはどうもストレスではないよう。歯医者行く。コロナだから行きたくないし、元々好きじゃないから尚更行きたくないし。あーあ。

悲しい辛いニュースが多過ぎる。奥歯が凄く痛む。

年下の外国人にバカにされて悲しくなる日本人の私

ahamoに変えた。けど自宅のWi-Fiしか使ってない。明日以降どうにかこうにかする。

いつも通う道すがらに猫ちゃんが色々いる。
今朝は座って通行人を黙って見てる猫ちゃん。
昼間はご飯食べて満足そうに寝てた子も。オヤジの風格。
そのご近所の家猫ちゃんは通行人を優雅に眺めてる。貴婦人のそれ。
あとたまに全速力で逃げる猫ちゃんも。
みんな可愛いよ。

スザンヌ34歳で高校生になると聞いて素直に応援したくなった。久しぶりに良い気持ちになれるニュースだった。

弁当忘れたので家に居る家族に探させたけど見つからないとLINEが。幕末にタイムスリップしてしまったようだ。

イマジナリーフレンドと話していると忘れていた良い出来事をよく思い出す。内省を促すと無意識下にあった良き物が浮上してくる。

スマホを消して、デジタル耳栓をして、ニット帽を目と耳まで覆うように被って、火の鳥未来編みたいなムーピーゲームをする妄想してたら楽になった。

自分の好きなもの、やりたい事に金を使いたいのに、いつの間にかコンプレックスを解消してくれそうなものに金を費やし、解消されないのを延々と繰り返す。

よく両親は「親になれば分かる」と話していた。それは子供からの抗議への言い訳だと思春期の頃には看破していた。やがて自分が大人になり、親になる年齢になって客観視が出来るようになった時に感じたのは、両親が自分や友人と比べてあまりにも愚かであるという残酷な事象であった。

資格試験なんて十何年ぶりだけど受けたいと思ったので勉強してる。

隣室の低周波騒音が気になって仕方なかったから、キングジムのデジタル耳栓買った。音が消えた。耳栓つけたまま横寝も出来た。

自分がという訳ではないのだが人事異動の影響をモロに食らいそうでつらたん。

年度末しんどい。頑張るフォイ。

Show older
mental.social

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!